大阪や近隣の県においての訪問ペット火葬と葬儀

猫

「ペットは家族の一員です」という言葉をよく耳にする機会もあると思いますが、現代では人様と同じように行うペット葬儀も一般的となっています。
大切なペットだからこそ、亡くなった時には幸せに天国へ見送ってあげたいと考えている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

もしもペット亡くなってしまった場合に、大阪の周辺でペット葬儀社を探した場合、Googleから「ペット火葬 大阪」と検索してみてると、とても多くの葬儀社が結果に表示されてきます。それだけ、ペット火葬とは一般的であるという事でしょう。

以前は"葬儀=人様に対して行う儀式"というイメージを持っている飼い主さんもいたかもしれませんが、最近では、ペット葬儀を行う事は通例となってきています。

この記事では、大阪のペット火葬や葬儀に関する例をご紹介していきます。
早速チェックしていきましょう。

大阪でペット火葬や葬儀をする人の割合

ビーグル

日本ではペットブームが続き、飼育されてるペットの数は犬や猫だけでも約1600万頭もいます。
この数字は人間の子ども(15歳未満)の人数より多く、小動物などのペットも含めるとかなりの数になります。

イオンペットが実施したアンケートによるとペットが亡くなった際に、ペット火葬をした方は75%という結果になっており、ペット火葬を行う飼い主様がとても多い事が分かります。また、ペット葬儀を行うご家族様も年々増えてきているそうです。

ペットの種類は様々であり、犬や猫を始め、小鳥やハムスターなど、ペット達の葬儀を行う飼い主様も、家族同然の存在であると感じている方が多いという事でしょう。

納得のいくペット火葬や葬儀を推奨する理由

ウサギ

大阪府周辺でどのようにペット葬儀をすべきか迷っている方も多いとかもしれません。もし迷っているのであれば、納得のいくペット葬儀や火葬をしてあげる事をお勧め致します。
ここからはご家族様においてペット火葬・葬儀を執り行った場合のメリットについてご紹介をしていきます。

●理由①:ペットが喜んでくれる

人間もペットも四十九日までは現世とあの世を行き来していると言われています。
そのため、ペット火葬と葬儀を行う事で、ペットにとって飼い主様からの愛情を感じる事により、安らかに成仏するでしょう。

ペットは人間同様多くの感情を持っています。
残された側の愛情や感謝をしっかりとペットに伝えてあげましょう。

●理由②:ペットを見送れる

ペット火葬を執り行わず、土葬をする方法もあるかもしれませんが、ペットに対して最後のお見送りをしてあげる事はとても重要な事であると思われます。ペット火葬や葬儀は、ペットへの愛情やこれまでの感謝を伝える場でもあります。納得のいくお見送りをしたいといと考えた時には、しっかりとした葬儀を行ってあげる事でお気持ちの整理もつくのではないでしょうか。

●理由③:ペットロスになりにくい

土葬などにより、仮にペット火葬や葬儀を行なかった事で、「ちゃんとペットのために葬儀をしてあげるべきだったのではないか…」と後から考えてしまうような状況ははるべく避けたいものです。ペットに対するお気持ちの整理をする為にも、ペット火葬や葬儀を行い、お見送りをしてあげる事をお勧め致します。そのようにする事である程度、飼い主様のお気持ちも整理がつき、ペットロスについても軽減されるかもしれません。

◾️ペット葬儀や火葬の例

仏花

ペット火葬や葬儀を行う際、色々と分からない事も多いと思われます。ここからはそれら気になる例についてご紹介していきます。

●大阪での出張ペット火葬を行った場合の時間例

ペット火葬にかかる時間の目安は以下の通りです。

・小動物:30分〜1時間程
・小型犬や猫:45分~1時間半程
・中型犬〜超大型犬:2時間~3時間半程

●ペット葬儀では読経すべき?

ペット霊園で葬儀を行う場合は、僧侶による読経供養がある場合がほとんどのようです。

もし、読経をお願いする場合には、事前にチェックと申し込みをしておきましょう。オプションになる可能性もあるため、料金と合わせて確認しておくと良いです。

ちなみに人間の葬儀の場合にはお布施をする必要がありますが、ペット葬儀の場合には、お布施はペット葬儀や火葬代金に含まれている為、通常であれば必要ない場合が多いと思われます。

●すぐにペット火葬が困難な場合には?

なかなか仕事の休みが取れず、どうしてもすぐにペット火葬が出来ないという方も意外と多くいると思います。ドライアイス等でしっかりとした保冷が難しい場合には、少なくとも3日以内には火葬した方が良いでしょう。特に夏場は保冷が十分でないと、傷みが早くなり腐敗進行もし易いので、早めに火葬をしてあげる事をお勧めします。

●大阪でペット葬儀や火葬を行った場合の流れは?

フェレット

ペット葬儀の当日の流れは訪問かペット霊園で行うかによって変わってくると思われます。

①:訪問ペット葬儀を利用する場合

・ペット葬儀社へ電話
     ↓
・ヒアリング、見積もり、日時を決定
     ↓
・当日火葬車でお焼香
     ↓
・    火葬
     ↓
・骨壷お骨上げ・ご返骨
     

②:ペット霊園で行う場合

・ 霊園へ電話
    ↓
・ヒアリング、見積もり、日時を決定
    ↓
・ペット霊園で葬儀僧侶による読経供養
    ↓
・お焼香後にお別れ
    ↓
・   火葬
    ↓
・骨壷お骨上げ・ご返骨
    または埋葬

●ペット葬儀時の服装

人間の葬儀の場合には喪服で参列することが一般的なマナーとしてありますが、ペット葬儀の場合は服装に関する決まりが特にはありません。

過去の弊社の経験から見ると、ペット葬儀の場合はほとんどの方が普段着でお見送りをされております。特別服装を気にされる必要はなく、ご家族様納得のいく服装で問題ないと思われます。

どうしても普段着は気になる…という方は、黒やグレーなど暗めの色の服を選でみると良いでしょう。

●ペット火葬時に一緒に納められる物

ペット火葬時には普段ペットが好きだった、おもちゃやおやつを備えてあげると良いでしょう。また、人間の火葬時と同じようにお花を入れる飼い主様はとても多いです。花は菊やカーネーション、ユリなどお供えにあったものを選ぶと良いでしょう。

棺に入れられない物もありますので、注意が必要です。金属やプラスティック、化学繊維などを入れる際は事前に確認しておいた方が良いでしょう。

大切なペットだからこそ、亡くなった時はきちんとしたペット葬儀を行いたいものです。より納得のいくペット葬儀を行う為に、実際に電話でご相談をしてみると良いでしょう。

関西地区や大阪で訪問ペット葬儀をご希望の方には、ペット葬儀うたたね関西にお任せください。

ペット葬儀うたたね関西から大阪・兵庫・京都・奈良やその他近隣の年までセレモニーカーで出張させて頂いております。

ペット葬儀うたたね関西 大阪

フリーアクセス 0120-74-886